接待交際費の処理

25年度の税制改正で中小企業の交際費が使いやすくなりました。

まず、 定額控除限度額が800 万円(現行600 万円)に引き上げられました。また、定額控除限度額までの金額の損金不算入措置(現行10%)が廃止されました。

つまり、800万円までは通常の経費と同様、気兼ねなく使っても構わないということです。

 適用時期は、平成25年4月1日から平成26年3月31日までに開始される事業年度、ということですから、今のところ1年間限定の大盤振る舞いということになります。

さて、これにより、皆さんご存知の得意先等との接待等に使用した一人当たり5,000円までの飲食代等を接待交際費から除く、との制度は、接待交際費を800万円を超えて使うことのない中小企業では意味をなくすことになります(来年度から復活するのなら気を抜かないほうがいいかもしれませんが)。

そこで、少なくともこの4月1日以降に始まる年度においては、すべてを交際費として処理することとし、従来一人当たり5,000円以下の接待交際費を使った場合に行っていた証拠書類作りは一旦中止してもいいのかもしれません。

ただ、それでもやはり接待交際費は税務署から突っつかれやすいところ。後の税務調査を考えれば、領収書に接待相手と目的くらいは記載しておいて、ちゃんと事業に必要な支出であることを立証できるようにしておくことが望ましいと思います。

 

 

投稿者:yamamura