年金支給開始67、68歳も 国民会議、検討課題に

本日の注目ニュースは...

『政府の社会保障制度改革国民会議は3日、公的年金制度について「議論の整理」を行い、支給開始年齢の引き上げなど給付抑制策の検討を盛り込んだ。会長の清家篤・慶応義塾長は終了後の記者会見で「少なくとも67、68歳への引き上げはあってしかるべきだ」と必要性を強調した。

ただ清家氏は、実現するには定年延長など雇用確保と併せた議論が必要だとして「実際の引き上げは後になるとしても、できるだけ早く検討を開始すべきだ」と述べ、中長期の課題として取り組む考えを示した。』

ということで、年金の支給開始時期が68歳位まで近い将来に上がるであろうことがほぼ確実であるという話。国の財政を鑑みればやむをないことかもしれませんが、なんともつらい現実です。

定年延長や雇用確保と併せてって、それはそうだしょうけど、65歳までが68歳までになったら、会社の経営はどうなるんでしょうね。まあなんとかその中でやっていけるもんなんでしょうが、経営の立場からはひどい会社になるなぁって思ってしまいます。

それにしても、どんどんもらえるものが減っていく中で、逆に保険料を徴収することがさらに難しくなっていくでしょう。結果として収支が改善しない、なんてことにならないように気をつけてもらいたいものです。

 

投稿者:yamamura