「経営支援型」ビジネスモデル 事例研究会

今日は午後から、株式会社インターフェース主催の研修、「経営支援型」ビジネスモデル事例研究会に参加してきました。
場所は池袋駅前アットビジネスセンター、まずは研修会場にたどり着くまでが大変です:orooro:ここ10年都会から離れ、車での生活が身についてしまっているので、東京都心に行くといつも道に迷ってしまいます。

研修前半は、株式会社OAGコンサルティング田中社長によるMAS事業への取り組みの経緯、すごいパワーを感じさせられました。「MASをベースとした税務顧問」というコンセプトはなかなかいい感じです。営業手法も参考になりました。

後半は、インターフェースの樋口社長による、『経営支援型』ビジネス構築『組織革新』の進め方!~顧問先・職員・事務所がWin-WinになるMAS事業化~というテーマ。2013年以降の経営環境として、消費税増税の企業収益へのインパクトが企業にビジネスモデルの抜本的見直しを求める、そして、社長のリタイアの加速、という分析は、今後に活かしたいと思います。

MASを正面にとらえたとき、税理士事務所がすべき仕事はこれからまだまだたくさんあるとの言葉は勇気づけれました。また、営業手法(マーケティングフロー)についての説明は、これもぜひ活かさせていただきたいと思ったところです。

まだまだ、勉強し、研鑽しなければいけないことはたくさんある、と感じさせられた、ためになる研修だったと感謝しています:kaoemoji5:

 

 

投稿者:yamamura