AKB総選挙

珍しくテレビを見ているとAKB総選挙がやってました。

ただ、順位を発表するだけで長時間、これで視聴率がとれるのですから、AKB48はじめ多くのメンバーの人気のほどがうかがえます。

私はほとんど興味がないのでメンバーも少ししか知らないのですが、今回は騒動を起こしてHKT48に左遷された指原莉乃が速報で1位になり、誰もが最後は落ちていくものと思いつつ、波乱を予想して見守った、という総選挙だったと思います。

そして、最後の最後、大島優子が2位と発表されたときの会場の変な雰囲気、まさかが起こった、でもそれは本当は期待してない、といった感じの不思議な瞬間でした。

まあ特定のメンバーの強烈なファンじゃない人が、波乱を期待するみんなの雰囲気から指原莉乃に投票した結果だと思いますが、これからAKB48他がどうなっていくか面白いと思いました(といってもついていけませんが)。

ところで、そんな話を書いたのは、いつもながら彼女たちのスピーチ能力の高さに驚かされるからです。なかにはこれはだめだなと思うメンバーもいますが、特に長年AKBに所属しているメンバーのうまいことうまいこと。あれだけの観衆の前で、テレビを通してならさらに多くの人の前で、あれだけ堂々と、感動的に話せる彼女たちを尊敬してしまいます。

また、最後にスピーカーでメンバーにまとめの挨拶した総監督の高橋みなみ、いやぁかっこいい。この人はAKBを卒業しても、どこでもやっていけるんでしょうね。

AKBといえば30年前のおにゃんこクラブのリバイバル的なものではありますが、それをはるかに凌駕し、これだけのメンバーに仕立てていった秋元康さんもすごい人だと思います。どうすればこんなことができるんでしょうか。

ということで、私も幾万の観衆の前でスピーチすることもできるよう、日々研鑽していきたいと思った、AKB総選挙でした。

<埼玉県税理士評価№1を目指す行田、熊谷のやまむら税理士事務所です>

 

 

投稿者:yamamura