ちょっといい話Part1

一つのことに徹する。

『一日の生活をひと固まりににせず、小さなユニットごとにカットしてみると、人生はとてもシンプルになります。

 「この瞬間にこれをやる」という瞬間の連続として、今日一日を生きるのです。

 今本を読むとしたら、本を読むことに徹する。そのときは、夕食はどうしようとか、余計なことは考えない。

 それが終わったら、次の瞬間には料理に徹する。その次には掃除に徹する。

 そうなれば、巧みにものごとを処していけるようになります。』(出典:PHP研究所『ブッダの教え一日一話』)

どんな複雑なことも単純なことの組み合わせでしかありません。全体でみるから複雑に見えるのであって、細分化すればすべてのことは単純なものから成立っています。
 

会社の経営も同じです。難しいことはありません。ただ、一度にすべての問題は解決することはできませんので、一つ一つ小さなこと、単純なことを改善していけばいいのです。

その積み重ねができるかどうか、それが結局時間を経れば大きな業績や風土の違いにつながっていくのです。

投稿者:yamamura

トラックバックURL