死ぬまで勉強

私は自分が幸運だと思うことに、勉強が好きだということがあります。

これまでの人生で多くのことを学びました(それが他の人と比べて多かったのか、まだ少ないのかはわかりませんが...)。机上の空論あり、実戦での苦労あり、大学受験や資格試験の勉強もありましたが、それぞれ辛いとは思いませんでした。それは他の人と競争することが嫌いでないこともありますが、やはり新しい知識、経験を身につけることに喜びを感じられる自分がいたからだと思います。

今40歳になり、人生の折り返し点を過ぎました。30代では感じなかった人生全体の絵が見えてきたような気がしています。そして今、これから死ぬまでの限られた時間、日々勉強してきたいと考えています。それも仕事に役立つ勉強だけでなく、全く仕事と関係がなさそうな教養的なものまで含めて。

その先にある世界がどういうものかわかりませんが、人生は一生勉強だと、そう改めて感じるとともに、それを喜びと思える自分がいることを幸運だと思っています。

投稿者:yamamura

トラックバックURL