中小企業のコスト削減

中小企業のコスト削減をどう進めるか。

進めるにあたって大事なことは次のようなことです。
① 金額的に重要なものに重点的に取組むこと
② 従業員のモチベーションを下げないよう熟慮すること(特に人件費削減)
③ コスト削減の結果が何をもたらすかを明確にすること

また、進め方としては外部の経営コンサルタントに頼む方法と社長が先頭にたって従業員とともにやる方法があります。
成功報酬型で受けてくれるコンサルタントなら結果として早く成果がでて結果として安く済みますが、長期的に考えれば会社として身に付かず元の黙阿弥になってしまう可能性もありますので、会社の状況に応じて考えるべきでしょう。

まず、金額的に重要なものといえば当然人件費ですが、従業員の幸せあっての会社ですのでまずは経費の削減を考えます。

金額が大きな項目から並べていけば何に取組むかは決まります。やることは単価を下げるか、使用量を減らすかしかありませんので、外部との交渉と従業員の削減努力が必要になります。

インターネットで見れば簡単に最安値のところは探せると思います。それをもって既存の取引先と交渉し、単価が下がらないなら切り替えます。単に値切るだけでなくサプライヤーと共同で安くする方法を探すという姿勢が必要です。

使用量の削減はまずは目標設定を行うことです。それだけで大幅に下がる場合があります。そして次に仕組みを変えることを考えます。現在はコンピュータが簡単に使えていくらでも効率化できる余地があるのに旧来の方法を続けているところが多いのが実情です。ただ、社内に仕組みを変えられる人材がいることはまれですので、ここは外部のコンサルタントも入れて一緒にやってもらうことも必要になります。

経営再建・企業再生のステージにある会社であれば、人件費の削減、事務所の移転等本当に大胆な手を打たなければいけませんが、そこまでいっていないなら上記のようなところから始めればいいのではないでしょうか?

投稿者:yamamura

トラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>