医療費控除<概要>

医療費控除とは、「1月1日~12月31日」までの間に支払った医療費が「10万円超える」場合、または、「総所得の5%(総所得金額200万円未満の人)を超える」場合、「最高200万円」まで税金の還付、軽減が受けられる所得控除のことです。

この医療費控除は年末調整では控除できませんので、還付を受けるためには「確定申告」をしなければなりません。

仮に確定申告までに支払った医療費が確定していなかった時は、見積もりで計算し、その後、医療費が確定した段階で修正することも可能となっています。

また、もしも確定申告を忘れていた場合でも、さかのぼって「過去5年以内」であれば還付が受けられます。

-医療費控除の計算方法-

その年に支払った医療費総額-医療費を補填する保険金など=「A」

10万円、または総所得金額が200万円未満の人の場合は総所得の5%の額=「B」

 「A」-「B」=「医療費控除額(最高200万円)」

具体的には・・・

「支払った医療費が20万円」-「保険金で補填された金額5万円」=「15万円(A)」

 「15万円(A)」-「10万円(B)」=「5万円(医療費控除額)」

となります。

投稿者:yamamura