医療費控除<対象者>

医療費控除の対象となるのは、「本人又は本人と生計を一にしている親族」となっています。よって、子供や配偶者だけでなく、その他の親族も対象となります(逆に生計を共にしていない子供や父母は対象外となります)。

また、必ずしもご主人が確定申告しなくても、パートで働いているお母さんが確定申告することも可能です。

確定申告する人の収入によって還付、控除される金額が異なりますので、どちらが申告したほうが得かを考える必要もあります。

なお、医療費控除額は、実際に支払った医療費が対象になりますので、もしも未払いの医療費がある場合は、その医療費は対象とはならず、支払った年の医療費控除の対象となります。

投稿者:yamamura