医療費控除<対象となる治療・対象にならない治療>

医療費控除の対象となる治療

  ・ 病院(医師)へ支払った診療代、入院費 ・治療のために購入した医薬品代(一般の薬局で購入したものも含む)
  ・ 治療のためのあんま、マッサージ、はり、きゅう、柔道整復師への診療代
  ・ 助産婦による分娩の介助料
  ・ 不妊症の治療費
  ・ 保健師、看護師などに依頼した代金
  ・ 通常必要な通院費用、入院の部屋代、食事代、医療用器具の購入代や賃借料(必要な場合に限る)
  ・ 義手、義足、松葉づえ、義歯などの購入代
  ・ 指定介護老人福祉施設に入所する人の介護費と食費の自己負担額の1/2相当額及び居宅サービスの自己負担額で一定のもの
  ・ おむつ代(医師が必要と認めた場合)
  ・ 海外旅行先で支払った医療費

医療費控除の対象とならない治療

 ・ 人間ドッグ ・健康診断 ・美容整形
 ・ 診断書の作成料 ・健康増進が目的の治療
 ・ 疾病予防のための治療
 ・ 医師の指示によらない差額ベッド代
 ・ 病室で見る有料テレビ代
 ・ 通院のための自家用車のガソリン代、駐車場代
 ・ めがねの購入費
 ・ 医師や看護士への心づけ

健康診断や人間ドッグを受けて、病気などが見つからなかった場合は、それらの費用は医療費控除の対象とはなりませんが、もしも健康診断や人間ドッグで病気などが見つかった場合、その治療に要する費用は、医療費控除の対象となることはもちろん、基本的には医療費控除の対象とはならない「健康診断や人間ドッグ」の費用も医療費控除の対象となります。

※ 補聴器は医師等の治療を受け、その診断の結果、必要と認められる場合のみ、医療費控除の対象となります。ですので医師の診断書もないのに勝手に購入した補聴器は医療費控除の対象外となる可能性が高いです。

上記で判断しにくい個別のケースについては、MyKomon会計事務所の会のQ&Aが参考になると思います。リンクを張っておきますので、参考にしてください。

医療費控除Q&A

投稿者:yamamura