相続税(不動産の評価)

相続税とは、ご存知のとおり、親族が死亡してその財産を継承したときや、遺言により財産を譲り受けたときに、国に納める税金です。

規定額以上の相続財産がある場合、相続財産の一定の割合を相続税として納付することになります。当然、財産である、土地・家屋などの不動産も相続税の課税対象となります。

そうは言っても、いざ当事者にならないと具体的に不動産の相続税について考える方は少ないのではないでしょうか?土地・家屋などの不動産は、文筆などよってひとつの土地を2人で分けたり、不動産の一部を物納したりという手もありますが、一般的には分けることは難しい。

大切なご親族が亡くなられたとき、不動産を手放さなくてはならないことになるのを避けるべく、あるいは、想定外なことに遭遇して傷つかないためにも、不動産を所有されている方は、相続税について知っておく必要があります。

遺産を相続したときに払う国税、相続税。土地及び家屋などの不動産は財産ですので、相続税の対象になります。

不動産の相続税を計算するときは、まず、その不動産が金額に換算するといくらの相当するのかを計算する必要が出てきます。実は、その不動産の相続税計算にあたって、不動産の価値基準に採用される価格は、土地と家屋で異なります。

具体的には

土地の相続税計算に用いられる価格・・・・路線価

国税庁が相続税計算のために利用している簡便法。国土交通省が年に1回定める不動産の公式価格、公示価格地価の80%ぐらいに計算されています。

家屋の相続税計算に用いられる価格・・・・固定資産税評価額

国が定めた「固定資産評価基準」に基づいて市町村が、3年に1回、決定している価格。ご存知、固定資産税の計算に利用されている価格です。公示地価価格の70%ぐらいに計算されています。

もちろん、相続税納付義務の有無、及び相続税率は、上記で計算した不動産額だけで決まるわけでありません。相続するすべての財産の総額によって決まってきます。

投稿者:yamamura