レアルマドリッドvsボルシアドルトムント

いやー、びっくりです。:cat_5:

今朝行われたレアルマドリッドvsボルシアドルトムントの一戦、1-4でドルトムントの勝利。

点差以上にドルトムントがレアルを圧倒したっていうのが、昨日のバイエルン同様驚きました。

これは専門家にもわからなかったことらしく、ほとんどがこの準決勝2試合、スペインの2チーム優勢と伝えていました。

確かに、バイエルンもドルトムントも有利なホームでの勝利、セカンドステージはバルセロナ、レアルマドリッドが逆に勝利するでしょう。それでも2試合トータルで逆転することは可能性として非常に低い(レアルのほうは可能性があるかな、3-0でいいのだから)。

この2試合を見て、多くの人が時代が変わったことを感じたはずです。ブンデスリーガからセリエA、プレミアリーグ、そしてリーガエスパニョーラと移ってきた覇権が、またブンデスリーガに戻ってきた、あるいはもうすぐ戻ることを。

これは、単にサッカーだけの話ではなく、国家の力、経済の強さを反映しているということもできます。そして、人気の落ちたブンデスリーガがこの10年以上、根本的な改革として進めてきたチーム運営の健全化やファンとの関係の再構築を。

他のリーグは、ほとんどのチームが赤字であり、大きな部分をロシアや中東のオイルマネーで支えられているのに対し、ドイツのクラブは大部分が黒字で外部からの資本はほとんど入っていません。また、ブンデスリーガは各スタジアムの観客動員数は他のリーグに比して圧倒的であることも、これからのブンデスリーガの明るい未来を示しています。

昨年度までドルトムントのエースだった香川真司、あと1年残って真のエースとしてチャンピオンズリーグ制覇、その栄冠をまとってマンチェスターユナイテッドに移籍。そんなことがあったら素晴らしかっただろうなぁ、と思ってしまう、今日の出来事でした。

不動のレギュラーとはいかないまでも、マンチェスターユナイテッドである程度活躍し、優勝に貢献した香川真司の一年間も素晴らしいものだった、と感激していたので、欲張りな話ですね:hei01:

投稿者:yamamura