税務相談事例【住宅ローン控除】

Q 甥の金融機関からの住宅ローン1,500万円を金融機関と同一要件で肩代わりしたいと思っているのですが、その場合も所得税の住宅ローン控除は受けられますか。

A 受けられません。

住宅借入金等特別控除の対象となるためには、10年以上にわたり分割して返済する方法になっている増改築等のための一定の借入金又は債務があることが要件とされますが、ここで、一定の借入金又は債務とは、

例えば銀行等の金融機関、独立行政法人住宅金融支援機構、勤務先などからの借入金や独立行政法人都市再生機構、地方住宅供給公社、建設業者などに対する債務です。

しかし、勤務先からの借入金の場合には、無利子又は1%に満たない利率による借入金は、この特別控除の対象となる借入金には該当しません。また、親族や知人からの借入金は、この特別控除の対象となる借入金には該当しません。(国税庁タックスアンサー)

投稿者:yamamura