出流原弁天池湧水

行田の税理士、やまむらです:kaoemojiA:

ここ数日、法人を新設した際必要になる、税務署、年金事務所、労働基準監督署等への届出について、ひたすら見直しをかけていました。

社会保険労務士の仕事もなかなか細かくて大変だなぁって感じる反面、もっと統一して一つにデータを入れれば全体にいきわたるような仕組みにしてくれればいいんんじゃないかと、と考えてしまいました(社会保険と労働保険は電子申請でまとめて入力することもできる仕組みがあるのですが、専用のソフトが必要で社会保険労務士向けだけです)。

だって、新設法人の社長がやったら膨大に時間をくう作業であるにもかかわらず、会社にとっての価値は非常に低いんですもん。そんなことをしてる間に営業活動をしなければ、会社が倒産してしまいます。

それと、社会保険労務士と税理士、行政書士の関係ってのがなかなか面白いなっと。それぞれかぶるところで自分たちの領域を守るためにあまり建設的でない論戦を行ってます。そして、だれも弁護士には勝てず、弁護士だけはなんでもOKという状況。弱肉強食、この世の中は戦いの連続、ヒエラルキーが歴然としてあるんですね。公認会計士はちょっと別もんみたいな感じですが。

いずれにしても、そんな争いをしてるより、お客様である中小企業のために、何が協力してできるか考えたほうがいいでしょう。ひとごとじゃなく、そのために自分が何をするべきなのかも考えときます。

最後に、日曜日に行った栃木県佐野市の出流原弁天池湧水の写真を載せときます。環境省指定の名水百選に選ばれているという透明度の非常に高い小さな池です。素晴らしかった。

ちなみに、近くのおぐら屋っていう佐野ラーメンのお店は大繁盛していました。これもなかなか美味しかったです。ぜひ、セットでどうぞ:hei01:

:hei01:

 

投稿者:yamamura