守成クラブを宝の山にするために

前にも書きましたが、私は守成クラブ埼玉北会場に参加しています。

この会場はおそらくずっと小さくて、最大のときでも会員30社程度、現在は20社で例会参加は10数社になります。

このような状況を新入会員である私が僭越ながら危惧し、なんとかしないと思っているわけですが、先日守成クラブの本部よりなかなかきつーい内容の冊子が送られてきました。

項目を挙げていくと、次の通り。
01 「守成クラブ」は会員拡大が命
02 毎月の例「例会」が会員拡大の最大のチャンス
03 「マンネリ」になるはずがない
04 「法人経営者」の会であることを徹底!
05 「100社以上」の例会でなければ意味がない
06 ニセ「赤バッチ(正会員)」は貢献度ゼロ!
07 県民性、地域性・・・・・・、異国の話しでもあるまいに。
08 お客さん扱いをするな・されるな!
09 自分が繁栄したいなら、仲間の繁栄を願え!

各項目について、私も思うところがありますが、それをたらたらと書くのもよくないので、大きなところだけ言えば、

「守成クラブ」っていうところは法人経営者によりWIN-WINの関係を作るビジネスの場であり、その場を拡大することが会員それぞれの繁栄につながる。ともかく会員を増やそう、その気のない会員はやめてもらう、一切の言い分けなくそれに専念することが肝要である。ということです。

法人経営者の会ということで、個人の士業は本来駄目ということなので、法人の代表としての資格に変えてもらうことも考えないといけないとは思っています。

でも、ともかく数ある異業種交流会、経営者勉強会の中でも「守成クラブ」は異例であり、素晴らしい価値のある会だと思います。埼玉北はいまのところ「守成クラブ」本部からすればもうなくなってくれたほうがいいと思われている会場かもしれませんが、勝負はこれからです。1年後、2年後には例会に100社以上を集められる会場にするべく、私もがんばっていきたいと思っています。

もしこの記事を読んだ法人の経営者の方が埼玉におられましたら、一緒にやりませんか?閉塞した状況の打破にはもってこいのチャンスだと思いますよ。

 

 

投稿者:yamamura