マンション管理組合へ支払う修繕積立金等

社宅として分譲マンションを購入した場合等、会社がマンションを所有していれば、マンション管理組合に毎月修繕積立金を支払わなければなりません。

この修繕積立金の取扱いはどうなっているのでしょう?

積立金だから資産計上しなければいけない?そんなことはありません。

修繕積立金は、返還されませんし、支配管理はマンション管理組合にありますので、マンション管理組合が適切な長期修繕計画を作成し合理的に運用しているならば、支払ったときの損金として認められます。

ただ、そのマンションの区分所有者の大多数が特殊関係者である、つまり修繕積立金の取扱いにつき特定の区分所有者がコントロールできる余地がある場合は、利益操作のおそれもあるため、損金処理が否認される可能性があります。

ここで、修繕積立金の支払いは不課税取引となることにも注意してください。修繕費として区分所有者が支払ったのであればこれは課税取引となり、仕入税額控除の対象となりますが、修繕積立金は管理組合に支払う会費のようなものであるがゆえに、不課税取引となるのです。

同様に、マンション管理組合に支払う管理費も不課税取引となります。

実際には区分所有者が修繕費を支出したものであるにもかかわらず、間に管理組合が入ると修繕費的には扱ってもらえない。法形式からすればやむをえないところと思いますが、不思議な感じがしますね。

投稿者:yamamura